FC2ブログ

ギター侍 参加 第3弾 The Weight (The Band)

今回は大作のコラボ作品に参加させていただきました。
曲は’The Band’の The Weight という曲です。
そんなに詳しくは知らなかったのですが、知識としてThe Bandの解散ライブ 
ラストワルツでも演奏された彼らの代表曲の一つということは知っていました。

今回の企画はMusic Trackの「ギター侍」のメンバーである「電気じぃじさん」が
「うぇい・しょうたさん」のリクエストに答えてメンバーを集めるうちに総勢10名と
大変なコラボになりました。
ボーカリスト4名(GForceさん、きら☆さん、daitakaさん、うえい・しょうたさん)と
ギター侍の4名(電気じぃじさん、KIM1さん、Joeさん、テイルピース)、キーボード
(ひょい。さん)そしてうちの奥さんがフルートで参加です。

MIXで使用したトラック数は30以上ということでMIX担当の電気じぃじさんは大変
な苦労だったことでしょう。素晴らしいものが出来上がりました。

そして、この曲は2015年に亡くなった、ブロ友さんのパープルヘイズさんのバンド
のライブでも演奏されたことのある曲ということで、大変感慨深いものがありました。

Joeさんが動画に編集してYoutubeにアップしてくださったのでそれを貼らせていた
だきます。




ボーカルとソロをとっている演奏者がリアルタイムに動画上に表示されます。

今回の自分の演奏はソロと「きら☆さん」のボーカルの部分のオブリを入れ
させていただきました。オブリはスライドです。

今回の録音より新たに導入したHX-STOMPを使用してます。
まだまだ研究の余地はありますが、評価の高い機材だけあって短時間の使
用の中でもそこそこの音で録音できたように思います。
ノイズゲートの優秀さには大変助けられそうです。シングルコイルピックアップ
のギターでもノイズに悩まずに使えます。(今回はレスポールでしたが)

今回の機材(HX-STOMP含む)のセッティングを入れておきます。

レスポール → HX-STOMP(※) → PC

HX-STOMPのセッティング(モデリングのもとになった機材名)

バッファー(MXR MICROAMP) → 歪(Timmy Overdrive) → 
AMP(Fender DXリバーブ) → CAB(Fender 12×1)

参考のためHX-STOMP EDITの画面を貼っておきます。


HX-STOMP_AMPs.jpg

HX-STOMP_BAFFs.jpg

HX-STOMP_ODs.jpg

HX-STOMP_SPs.jpg

アンプとキャビネットのセッティングはかなり細かいところまでいじれますね。
アンプは素人ではいじれない内部のセッティングまで触れるのはすごいです。
それだけにまだ良くわかってないですけど。(笑)

キャビネットについても録音するマイクの種類が多くてかなり迷いました。
さらに研究の余地があるところです。


スポンサーサイト



テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

ギター侍 参加 第2弾 Comin' Home Baby

先日、Joeさんのご紹介で「ギター侍」の企画に参加させていただいてから、まだあまり
期間があいていないのですが、すぐに次のお題を頂きました。

Comin' Home Baby という曲です。
ウィキペディアによるとオリジナルの楽曲はベン・タッカーという方が作曲してデイブ・
ベイリー クインテットが最初のレコーディングをしたとのこと。

お題を頂いたときは曲名ではわからなかったのですが、YOUTUBEで確認すると聞いた
ことのあるフレーズでした。実際いろんな方が演奏しているスタンダード的な曲ですね。
この曲はJAZZですけど、ブルースともいえるような曲ですので、JAZZ畑だけでなくロリ
ー・ギャラガーなんかもやってる映像があります。

今回は電気じぃじさんがオケとMIXを担当されました。
前回のALL ALONG THE WACHTOWER はROCKという感じで皆さん結構歪ませた音で
したが、今回はクリーンかあまり歪まさない音を中心に使ってました。
そんな中でJoeさんが辛抱たまらんと、途中からディストーションサウンドに切り替えて
きたところも聞きどころです。(笑)
今回どんな音で行くか悩んだんですよね。ラリー・カールトンを意識したような軽いディ
ストーションサウンドにするかということも考えたんですが、電気じぃじさんのイントロの音に引っ張られてクリーンに近い音になりました。




タイムテーブルはおよそ以下の通りです。

イントロ  00,00〜      電気じぃじさん
  
パート1  00.27〜      KIM1さん

      01.07〜      テイルピース

      01.46〜      Joeさん

      02,26〜      電気じぃじさん

パート2  03,13〜      KIM1さん

      03,33〜      テイルピース

      13,53〜      Joeさん

      04,13〜      電気じぃじさん

パート3  04,47〜      KIM1さん

      05,07〜      テイルピース

      05,27〜      Joeさん

      05,46〜      電気じぃじさん
 
アウトロ  06,04~      Joeさん
      
      06,11~      テイルピース

      06,18~      KIM1さん(ラストまで♫)

Music Tracksはこちら


今回の私の使用機材
 ギター
 レスポールのフロントピックアップを使用。
 構成
 コンプ(MXR Dynacomp) → 歪(Blackstar HT-DUAL) → 
 マルチ(ZOOM MG-50) → PC
 
 歪は抑えめにしてます。MG-50のアンシミュはFender系でクリーン。
 トレブリーな感じにしました。
 1つ前の記事で紹介した HX-STOMP ですが、この録音の後に入手した
 のでここでは使用しておりません。次回作から活躍することになります。


テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

機材追加 LINE6 HX-STOMP

先日は「ギター侍」の見習いとしてデビューさせていただきました。
そして、すぐに次のプロジェクトも動き始めており、既に1つはデーターを送付済で
す。さらに新しいプロジェクトも進みそうな感じです。

これまでは手持ちの機材による録音だったわけですが、録音をしていて少し気になる
部分があってそれを解消したいと考えていました。

それはなにかというと「ノイズ」です。それほどひどいわけではないので、バッキン
グトラックと合わせてしまえばわからなくなるレベルといえばそうなんですが・・・。

データーを送る段階では丸裸の状態で送るのでMIXの方にははっきりと聞こえてしま
います。例えれば裸で恥ずかしいところを見せているような感覚なんですよね。^^;

というわけで前から考えてはいましたが、評判の悪くないLINE6のHX-STOMPを導入
しました。


P1250733trs.jpg

機能に制限はありますが上位機種のHELIXの音質と同等であるとのこと。これが決
め手ですね。使い方はあくまでもLINE録音用です。アンプを使用する際は今まで通
りの機材で出してます。

音のほうは研究中です。いくつかのパターンでベースになる音を作ってみました。
まだ、詰める要素はありますがとりあえずは使えそうな音が出ています。
ノイズに関してはノイズゲートが優秀なので非常に少ないです。シングルコイルのギ
ターを使っても気にならないレベルです。これなら恥ずかしくないかな。

これまではアンプシミュレーター部分を、ZOOMのMG-50という安いけれどなかなか
優秀なマルチストンプで賄ってきました。ところが歪を別のペダルで作っている関係
でノイズゲートが歪の後ろになってしまうのでどうしても不自然な動作になってしま
うんですね。
アンシミュの音を比べてもHX-STOMPのほうがリアルな感じです。値段が約10倍です
から当たり前か。
しかしリアルなだけにちゃんとしないと良い音になりませんね。いろいろと試行錯誤し
てみます。今後はこれを中心に使っていきますよ。

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

久々のコラボによる音源投下

めちゃくちゃ久しぶりのまともな音源投下になります。
厳密にいえば少し前にちょこっとだけやりましたけど、あれは本当に適当に
作ったものですし短いバージョンでしたのでカウントに入れないことにします。
     6年
で、今回は4年ほど前に一度コラボでお世話になったJoeさんとそのコラボ仲間
による「ギター侍」というコラボグループに参加させていただいたものです。

Music Track という音楽コミュニティーの参加者によるコラボユニットとな
ります。メンバーはJoeさん、電気じぃじさん、KIM1さんと私の4名です。
皆さんそれぞれ得意分野が違っているので4者4様で良い具合になっているかも。

今回の曲は「ジミヘン」のALL ALONG THE WATCHTOWERのカバーです。
ジミヘンVer.をもとにアレンジされていますが、後半ではデイブ メイスンVer.
になっています。

オケとMIXはJoeさん。いつもながら完璧です。
得意の演奏スタイルはJoeさんは80年代メタル系、電気じぃじさんはブルース、
KIM1さんはJAZZと得意分野が違います。
自分は何だろうか?ブルースも好きだけれど演奏するとちょい違ってますね。

やはり一人でちまちまやるのと、お仲間がいて皆で作り上げるのでは楽しさが
違いますね。
リアルに会ってやるのが一番なんですが、こういう感じでリモートでやるのも
この時期らしくて良いかも。
そもそも住んでいる場所が皆バラバラですから、集まるのは容易ではないです。
一昔前とは違って便利な世の中だと改めて思いますね。

お声をかけていただいたJoeさん、本当にありがとうございました。
電気じぃじさん、KIM1さん、温かくお迎えいただきありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。


音源はJoeさんのアップしたものを貼らせていただきます。


演奏順は以下の通り。(Joeさんのページより)

イントロ テイルピース
0'22"~ 電気じぃじさん
0'55"~ Joeさん
1’30”~ 電気じぃじさん
1’48”~ Joeさん
2'06"~ KIM1さん
2'23"~ テイルピース
2'40"~ KIM1さん
3'15"~ テイルピース
3'54"~ 電気じぃじさん
4'09"~ Joeさん
4'25"~ KIM1さん
4'40"~ テイルピース
4'55"~ 電気じぃじさん
5'03"~ Joeさん
5'11"~ KIM1さん
5'18"~ テイルピース


Music Trackのサイトはこちら
Music Track

使用した機材などは以下の通りです。
使用ギター fender stratocastor Eric Johnson モデル
ピックアップ リア
チューニング 半音下げ

接続構成
ギター → ワウ → FUZZ → マルチ → PC

ワウ Ibanise WD7
FUZZ ALBIT DSGM
マルチ ZOOM MS-50G アンプシミュレーターとして使用
    (アンプタイプ マーシャル)ゲインフル、トーンは tr 38 mid 44 bass 16

最初はアンシミュをクリーンにしてFUZZだけで音を作ったのですが、どうも
ペラペラなうっすい音だったので、アンシミュのゲインを上げてFUZZの歪を
チョイ足しする感じにしました。
それでもバックと合わせると音が引っ込んでしまう感じでしたので、アンシ
ミュのベースを下げてトレブルもちょっと削ってミドルを強調してみました。
そしたら前に出てくれるようになったけどちょいやりすぎたかな。他の方との
バランスが悪いかも。

これまでは録音の時、ヘッドホンでやってたけど、今回はモニターから音を
出してやりました。
今はミニコンポから音を出してますが、もっと良いモニターが欲しいなぁ。
   

テーマ : ギター
ジャンル : 音楽

THGF2019

今年もTHGF(東京ハンドクラフトギターフェスティバル)に行ってきました。
またまた、出展者の「松ギター堂」のMatsuさんのご好意で入らせてもらいました。

去年も書きましたが、年々来場者が増えてます。今年もまた増えたみたい。

P1240600s.jpg

Matsuさんのギター
P1240594res.jpg

P1240614res.jpg

今年のギターは今までと違って攻めた形のギターですね。ハイポジの演奏性の向上を
図られたようです。
音の傾向は今までと大きくは変わってないとのことでした。実際に触らせてもらいま
したが、大きさから受ける印象よりもよく鳴るギターでした。



同じブースで出品されている「弦々トムテさん」のウクレレです。見た目は変わって
ますけど、ちゃんとしたウクレレなんです。

P1240613res.jpg

他のブースに変わったものがありました。ダンボールで出来たウクレレです。
P1240615trs.jpg
弾いては見ませんでした。ネック部分は整形されてないのでかなり弾き難い
でしょうね。(^^ゞ



今年もお昼はやっぱりココですね!
P1240611s.jpg

今年の戦利品はこちら
P1240617s.jpg

P1240618trs.jpg

P1240619s.jpg

ストラップです。これ、なんとたったの500円。 安いでしょ!
革も厚いし金具もしっかりしています。
まぁ、でも、それが欠点だったのかも。革が厚いのでストラップピンを通すのに
一苦労です。しばらく使っていれば革が柔らかくなってOKかな。



テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

プロフィール

テイルピース

Author:テイルピース
ようこそ!マイブログへ。

使用機材
1.写真関係
PENTAX K-7
Panasonic Lumix DMC-GM1
CANON PowershotS95
CANON IXY2000IS
その他
DA 17-70mmF4AL
DA 21mm3.2AL Limited
SMC-M 300mmF4 Star
SMC-T 35mmF2
SMC-T 55mmF1.8
SMC-T 85mmF1.8
S-TAKUMAR 105mmF2.8
S-TAKUMAR 135mmF3.5
COSINA 24mmF2.8 MACRO

2.ギター関係
Fender Stratocaster Eric Jhonson MODEL
Fender Stratocaster57’vin
GIBSON Les Paul '58 Custom Shop/Historic Collection
CREWS MANIAC REUNION
MUSIC MAN EVH
MUSIC MAN SILHOUETTE
GRECO EG800
FERNADES ZO-3
他 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1998位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
703位
アクセスランキングを見る>>
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブロとも一覧

なんとなくkoumei HR/HM好きギター弾き

ike photo

エレキギター練習奮闘記♪

ブラジルから色々発信します。

将棋・ピアノと酒に呑まれつつ・・・

瀧川が来た!!!

ヴィンテージギター大好き ~70’s Rock 最高!~

いい歳してギター再出発

RICKY & MODZ

Guitar room & Music world

へなちょこの挑戦!!

Rock+Bules+Alfa

ぼくとメタルとときどきロック

21Rock! ~Last Rock On Earth~

回転富士山 ver.5 ロックとギターを語る山

パパさんの・・・     オヤジの暇潰し

エレギ記

隠し工房の悪人ひとり

「SNAKE」の・・いいことばかりはありゃしない・ぜ♪

++STUDIO-KOH++

AIR FREAK ~Guitaristのための◯◯な話~

独鍵(ドッケン)!+写楽!

Ts-blueのMusicRoom

シンプルに・・・ギターブログ(Guitar Blog)

言葉はさんかく しゃしんは四角

I wish I would be ...